ゴールデンウィーク歩き遍路

ゴールデンウィークを利用して、四国まで歩き遍路に行ってきました。正確には四国遍路というようですが、四国にある空海ゆかりの88か所の寺院を巡拝することを指します。四国遍路は徒歩でなければならない、ということはなく、ほとんどが車の方で、たまに自転車の方や、ときには巡礼バスツアーなどもあるようです。

そんな実は多様な四国遍路ですが、私は伝統的な「歩き」で、札所(寺院)を順番通りに巡礼する「順打ち」で廻ることにしました。やはり形が大事、まず一番札所の前にある巡礼用品店に入り、白衣(びゃくえ)と唐笠(すげかさ)を購入します。背中には大きめのバックパックで、テントや保存食も入って10kg強はあったでしょうか。さっそく出発です。

廻るお寺は例えばこんな感じ、門に「四国霊場第四番」と書かれています。

e291a01

忘れずに御朱印をいただきましょう。

e291a11

ルート上には、地元の方たちによる休憩スペースなども。物言わぬ先客お遍路さんがなかなかシュールですね。

e291a21

夜はテント泊です。歩けるところまで歩き、迷惑にならない場所を探して設営します。山道の途中などは、誰にも睡眠を邪魔される心配がなくおススメです。

e291a3

雨にも降られましたが、晴れた日にはこんな絶景に会えました。

e291a4

e291a5

また別の日は、許可を貰って営業時間外の道の駅に泊まりました。

e291a6

ルート沿道の休憩所、ヘンロ小屋ですが、建築家がデザインしたものもあります。

e291a7

札所とお遍路さん。

e291a81

何気ない山道にもベンチが置いてあります。寺院や自治体や地元の人たち、へんろみち保存協力会などによって復旧、維持保全されています。道路標識には、迷わないよう頻繁に遍路道マークが貼られており、文化として根付いていることを実感しました。

e291a9

こんな畦道も遍路道なのです。

e291ab

今回は23番まで、徳島県を終わらせることができました。

e291ac

ですがこれは、距離としては全長1400kmのまだ序章に過ぎません。来年以降もゴールデンウィークの恒例とし、数年かけて八十八箇所を廻り切って、「結願(けちがん)」としたいと思います。

h.ishii

コメントは受け付けていません。


Page Topへ