還剣湖

2017 年 10 月 2 日

私は、8月からベトナムに研修として来ています。

仕事のことをブログに書こうと思いましたが、面白くなりそうもないので、今回はベトナムでの私の休日を紹介したいと思います。


img_25141

ハノイで1番有名な湖、ホアンキエム湖に訪れました。


訪れた日が土曜日ということもあり観光客や地元の人たちで賑わっていました。


この湖には、巨大な亀が住んでいるという伝説があります。


近くのお寺で亀のはく製が見られるということで訪れてみました。


そのお寺というのが玉山祠です。


ホアンキエム湖に浮かぶ二つの小島のうち唯一上陸できるゴクッソン島というところに建てられています。


渡るときに橋があるのですが、夜になるとライトアップされます。


それが幻想的でとても綺麗です。


そのせいか夜になるとカップルがたくさんいます。


img_2533

先ほども言いましたがこの亀には伝説があります。

ベトナムが中国の明に支配されていた15世紀、初代皇帝となるレ・ロイが、湖の宝剣によって明の駆逐に成功しました。


平和な日々が続いていたある日のこと、レ・ロイが湖を散歩していると神の使いである大亀が現れ、宝剣を持ち主の竜王に返すように言って、湖の底に持ち帰ったといいます。


この伝説から、湖はホアンキエム湖と呼ばれるようになりました。

「ホアンキエム湖」は漢字で書くと「還剣湖」剣を返した湖という意味になります。


img_2523

展示されている亀は今から約50年前に捕獲されたものらしいです。


もしかしたらその伝説の亀の子孫なのかもしれませんね。

y.takeda

休日の使い方

2017 年 8 月 29 日

今年の3月で学生というものが終わり、4月から社会人の一員となり日々奮闘しています。

若いうちに頑張らなくて、いつ頑張るのかと思い始め、休日の使い方を今一度考えるようになりました。

そこで、展覧会や展示会に参加をして、自分自身の引き出しを増やそうと考えました。

今回参加した展覧会は、85日~22日まで開催されていた「アジールフロッタン再生展」というものです。

近代建築の巨匠ル・コルビュジェが世界救世軍の依頼により石炭運搬船をリノベーションした保護施設(アジールフロッタン)です。現在は、ノートルダム大聖堂から上流1キロの左岸に繋留されています。


e6a8a1e59e8b1_5

1929年に完成し、難民の保護施設として使用されていたが、老朽化によって1995年からは使用されていませんでした。


しかし、2006年からミシェル・カンタル=デュパール氏5名の有志によって補修工事を実施、さらに今秋に日本から桟橋を寄贈し、2018年からギャラリー機能を備えた建築として再生されます。


e59bb3e99da21

e59bb3e99da22

e59bb3e99da23

私がこの展示会に参加して感じたのは、アジールフロッタンという作品がサヴォア邸、ラ・ロッシュ=ジャンヌレ邸と同時期に設計依頼を受けたということです。


コルビュジェが提唱した「近代建築5原則」も難民や低取得者のための仮住まいであるアジールフロッタンに対して実践されていたので、身分に関係なく設計理論を使われていたので感銘を受けました。


建築は人が住むための場所なので身分の差に関係なく平等に空間を提供することが大切であると感じます。2018年から再利用されるきっかけがなければ、私がアジールフロッタンを知ることもなかったので非情にいい機会でした。


名作と呼ばれる建築ばかり注目されてしまいますが、同時期の建築に対しても目を向けようと思いました。


e382a4e383a1e383bce382b8e38391e383bce382b9efbc88e694b9e4bfaee5be8cefbc89

825日から913日まで横浜のASJ YOKOHAMA CELLでも開催されているのでお時間のある方は是非。

i-natori


坐禅

2017 年 6 月 14 日

ご趣味は?と聞かれ、「酒」とは言えないので

「坐禅」と答えるようにしています。


自分が通っているところは、壁に向かってただただ座る...ひたすら座る...

坐禅の方法も宗派等によって違うんですね。


坐禅のイメージでよくあるある。

カーーツってバシッと叩かれるやつ!!

たまに叩いて下さいと言う人がいますが

お世話になっているお坊様曰く

「叩かれたいと思う前に、自分を律する事が大切です。」

お坊様がたまにお話をしてくれますが、身にしみる言葉が多いですね。


坐禅の後は、頭がスッキリします。ストレス発散にもいいそうです。


e58699e79c9f

緑に囲まれた静かな空間での坐禅会は下記になります。


高尾霊園 髙乘寺

高尾駅から徒歩15分程

2週の日曜日 AM8:00900 ・・・通常の坐禅会(予約不要)

3週の土曜日 PM4:00500 ・・・坐禅友の会(事前予約が必要)

78月は行事があるためお休みです。

※無料です!!


他にも調べると様々な場所で行っているので、興味のある方は

足を運んでみては如何でしょうか。

y_honma


背中の脂肪腫

2017 年 4 月 3 日

数年前、背中の少し左の部分に小さなふくらみのようなものが有ることに気付きました。

少しずつですが大きくなり5センチくらいになったので、一応皮膚科で診てもらうと、脂肪腫で別に急ぐ必要は無いから、気になってきたら取ろうといわれました。


紹介状を書いてもらったのですが、なかな取らなかった理由は一つ。


2泊以上の入院が必要と言われていたからでした。


その後さらに大きくなり、直径10センチくらいになってくると、椅子にもたれた時になんとなく邪魔になり、更には皮膚の引っ張られてる感覚が出てきました。


痛みは皆無だったのですが。


そして先月、紹介された都内の某病院に診察に行きました。


MRIや諸々の検査のため一度通院しその次は入院、とあれよあれよの内に決まってしまいました。


これまで喘息、アトピー、腰痛などがありそこまで頑丈というわけではなかったですが、幸せなことに大病をしたことは一度もなかったので入院やMRIも初めてでした。


初めての入院は幸い体は元気なので暇だろうと判断し、普段読めてなかった本やスケッチブック、語学の本など色々持ち込みました。

(けっして遠足気分だった訳ではありません。)


ちなみに病院の食事は私が通常食べる量の1/3ほどの量で足りるわけもないのですが、薄味が妙に心地よく、なんとなく身体が綺麗になる気がしたので、ロビーにあるコンビニにはお世話にならずに乗り切りました。


思ってた以上に美味しく、上品な味付けと思えば本当に美味しいものもありましたよ。


さて本題の手術の話。


私のイメージでは背中を切り開くと脂肪腫はポロッと取れるのかと思っていたのですが…


実際は筋肉にしっかり張り付いていたようです。


局部麻酔でしたので意識もあるし、会話もしながらの手術でした。


もちろん切開の瞬間などはまったく感覚はなかったのですが、脂肪腫は捲りながら少しずつレーザーで切っていったようです。


なぜそれが分かったかと言うと、ものすごく引っ張られている感覚と、漂ってくる焦げた臭いからなんですが…

引っ張られるときの痛みはなかなかのものでした。


かなり痛みがあったのでその都度伝え、麻酔を追加してもらうということを繰り返し、1時間。


予想以上に長い手術でした。


本来は首に出来る脂肪腫は取りにくく、背中のは取りやすいそうですが、かなり取れにくかったと先生は仰っていました。


思ったより出血があったらしく入院は結局3泊。


その後1週間は横か下を向いてでしか寝れない状態でした。


入院前からこのブログに書くことが決まっていたため、脂肪腫の写真を撮ろうと思っていたのですが、術後見せてもらった液体に浮かんでる状態のものは撮れず、一週間後の抜糸のときにモニタで見せてもらった写真を撮ったもののみ。


瓶の底に溜まっていたからか綺麗な円状になり、表面がデコボコしてまるでクッキーのようでした。


幸いそのクッキーは良性のものでしたので、一安心。


最後に。もっと早くに気付けば日帰りで済んだそうです。


私が気付いたときにはもう入院が必要なサイズだったのですが。


皆さんも身体の異変には早めに気付き早めに対処するようお気をつけください。


s_photo_00756

y_minakata


PCVR [HTC VIVE]

2017 年 1 月 31 日

2016年はARがブレイクしましたが、一部のマニアにはVR元年と言われる年でした。

SONYPSVRを発売しましたね。まあ、PSVRは品薄で入手困難なのでどうせ買うならという事で、性能のいいPCで使えるものを選びました。

PCのスペック満たしていましたし)

img_0223

これがゴーグルとコントローラです、奇妙な形のコントローラですがトリガーで撃ったり、グッリップ部分のボタンで物をつかんだりできます。

親指部分はトラックパッドになっていて主に移動に使います。

ゲームによってさまざまな役割を持ちます。

これとは別にプレイエリアをトラッキングするセンサーがあって最大で対角5mまでのプレイエリアの中を自由に動きながら仮想体験をすることができます。

コントローラのトラッキングはミリ単位で行われる精密なもので、ゴルフのゲームなどは実際のスイングと同じようにスライスする…なんて声も聞きます。

文章で説明するのが難しいものなので興味がある方はHPを見てみてください。

HTC VIVE日本公式HP https://www.vive.com/jp/

秋葉原のドスパラ・TUKUMO。渋谷のゲームセンター(有料)で体験もできますよ。

私はドスパラのVR体験で購入を決めました。

VRの凄いところはゲームだけじゃないですよ。

Google earth では箱庭的なクオリティですが、都市部の立体化がされていてその中を自由に動けます、もちろん建築分野でも取入れられていて、BIMでデザインした空間を実際に体験することも可能に成りつつあります。

AutodeskAutodesk Liveを利用すればRevitのデータをVR用に変換してモデルを原寸で確認することができます。

VRで体験する映像はモニタほどの精密さはないですが、スケール感はまるでそこにあるかのように感じられるので空間のデザインをするには有効なツールになると思います。

モデルの中に人型を入れて比較するよりも、実際入ってみれば簡単に体感できてしまうのです。

そんな素晴らしいVRなのですが…

新しく組んだPCが不安定!

自作PCも最近はパーツの相性問題とかほとんど無くなった感じだったのですがKP41という原因が特定しにくいエラーが出続けて2か月。

OSのクリーンインストールを繰り返し、レジストリをいじり


img_0227

奮発してグラボをGTX970からGTX1070に変えてみたり、メモリを交換してみたりもしましたが、昨日も落ちてしまう始末…


img_02251

挙句このざまですよ。


PC組直して復帰させ、新しいのは問題の検証。


パーツの交換等頻繁に行うのでケース空きっぱなし、配線も整理してないです。

(綺麗に裏配線、結束して蓋をしめたい…)


最後に余計な不具合のボヤキを入れましたが、VRは本当におすすめですよ、まずは体験してみましょう。

Y.Kotoh

小笠原伯爵邸

2016 年 12 月 22 日

僕はもちろん建築が好きでここで働いているわけですが、以前は他業界で仕事をしていました。

オシャレな空間や居心地といった観点や美味しいものが頂けるなど、僕がオススメする、建築が好きじゃなくても楽しめる建築を紹介したいと思います。

今から約90年も前の昭和2年。日本では珍しいスパニッシュ様式の建築が生まれました。

その名は『小笠原伯爵邸』です。


e291a0e585a5e3828ae58fa3

『正面入り口:建築全体ではなく要所に施された装飾なので、しつこくなくて良いなと思います。』


e291a1e596abe78599e5aea4-1

e291a2e596abe78599e5aea4-2

『喫煙室の外壁:建築全体を通して一番装飾的な部分。内部もなかなか良い雰囲気ですので、是非足を運んでみてください。』


小笠原伯爵邸は東京都新宿区にある、東京都選定歴史的建築物です。

小笠原家第30代当主、小笠原長幹[オガサワラ ナガヨシ]伯爵(旧小倉藩主)の邸宅です。

設計は曽禰中篠[ソネ チュウショウ]建築事務所。

この曽禰中篠建築事務所は曽禰達蔵と中篠精一郎との共同事務所なのですが、この曽禰達蔵という建築家は辰野金吾(代表作は日本銀行本店など)らとともに明治以後の日本建築界の基礎を築いたとされるジョサイア・コンドルに学んだ日本人建築家の第1期生です。

という感じで真面目っぽい建築の話はこの辺で終わりにして僕がオススメしたい『小笠原伯爵邸』の場所から紹介します。


e291a3e3839ee38383e38397

引用:小笠原伯爵邸HP_アクセス【http://www.ogasawaratei.com/about/access/


都営大江戸線、若松河田駅から徒歩1分と抜群の交通アクセスでありながら閑静なエリアに佇んでいます。


ここ、実はレストランがあり、バーがあり、カフェもあるのです。


僕が以前、足を運んだ時は日中という事もありカフェにお邪魔しました。


食べ物屋さんに詳しい方は知っているかもしれませんが、ミシュランガイド東京に2008年から10年連続で掲載されているお店なのです。

(僕はまだカフェの利用だけで、レストランで食事をしたことはありませんが


是非今度はレストランに足を運んでみたいですね。


そして庭にはガーデンテントもありウェディングを行うことも出来ます。


都内で普通の教会とはまたちょっと違う空間で挙げられるのも良いかなと思いますね。

二次会なども新宿が近いので選択肢はたくさんありますね。


e291a4e382ace383bce38387e383b3e38386e383b3e38388

2階にはルーフガーデンもあるようです。


ふらっと行ってもカフェでお茶をすることも出来ますし、予約してレストランでお食事をするもよし建築に興味を持っていただければ建築見学(HPにて告知しているようです)も出来るので是非、ふらっと行っただけでは見られない素敵な空間がたくさん見れると思いますので見学に行ってみてはいかがでしょうか。


では、今日はこの辺で…。

k.iwasaki

イニシアチブ

2016 年 12 月 2 日

社会人になった今年、あの日からどれくらいが経ったか、なんてカレンダーを見れば思い出す程度の、もはや味気ないものになってしまっている自分がいました。

振り返ってみると、目先の楽しみで気を紛らわせているばかりで、何かとそれらしい理由をつけては「頑張っているつもり」と思い込んで結局、つもりだった、ということに気が付いたのなんてごく最近のことでした。

何かを敵にすることで強く居ようとする自分に、切なさに近いような感覚も感じながら一歩一歩進んでいるつもりですが、振り返ればその足跡はとても一歩には満たないものだったりもします。

それでも、悩んで迷って、時には振り返って、たどり着いた先ではもはやそんな事など関係ないはずだと、自分らしい毎日に豊かさの形を見つけていきたいです。

というとてもどうでもいい前置きはさておいて、今回ブログを書かせていただくことになり、普段自宅に閉じこもっているか、お酒を飲んでいるかの私なので何を書こうかと非常に悩んだのですが、久しぶりにアクティブに外出をしてきたのでその時のことを書こうと思います。

二週連続イルミネーションを見に行ってきました。お察しの通り、周りはカップルだらけなのですが()、光に群がる昆虫かのように、最近イルミネーションに嵌っています。

1日目は六本木のミッドタウンです。六本木に行くこと自体が初めてだった為、六本木ヒルズも案内してもらうことに。

喫煙所から都会の街並みを一望でき、東京タワーも見えてとても綺麗でした。

友人との待ち合わせ時間が早かったこともあり、ライトアップまでまだ時間があったので近くのショットバーで軽く一杯。私は安心と信頼のテキーラサンライズを注文しました。

ご存知の方も多いのではないかと思いますが、竜舌蘭(リュゼツラン)と呼ばれる植物から出来ているテキーラをオレンジジュースで割った、オレンジとイエローのグラデーションが綺麗なカクテルです。

飲まず嫌いなのかもしれませんが、カクテルをいただく時は大抵コレです。


1e69e9ae79bae

談笑を交わしながらお酒を飲んでいるとすっかり日も暮れ、目的地であるミッドタウンへ。それまで、イルミネーションを見に行く、という行為をしたことの無かった私は、目的地まで向かうライトアップされた並木道ですらテンションアップ。


「ここはまだソレじゃない」などと笑われながらも足を進めると、ゆったりと流れる音楽と、それに合わせて演出された光の数々が。

ボキャブラリーの乏しい私には「綺麗でした。」という感想と、人の多さに唖然されたことの他に何も述べることができません()


2e69e9ae79bae

つづいて二日目は代々木公園へ。

たまたま近場で友人との約束があり、寄り道感覚ですがせっかくなので見に行くことに。


青の洞窟と呼ばれるイベントをしているそうで、道には光を反射するシートが敷いてあり、文字通り青の洞窟でした()ミッドタウンも青いイルミネーションだったので、若干の既視感はありましたが()、今年はこの色が流行っているのかなーと思いつつも、とても充実した時間を過ごすことができました。


3e69e9ae79bae

そして、その日はコカボムというお酒をいただきました。不思議な形の専用のショットグラスがあり、コカの葉からできているコカレロ(もちろん合法です。)というリキュールをレッドブルで割ったお酒です。


たいへん飲みやすく、最近嵌っている一杯です。機会があれば是非試していただきたいです。


4e69e9ae79bae

A-Ishii

ちょうど一年前

2016 年 11 月 18 日

道路両側のイチョウ並木の葉も金色に染まり始め、今年もそろそろ終盤になりました。

東京で冬を向かえるのは今年で二度目になります。

中国語では「光阴似箭,日月如梭」で時間の経つ早さを表現していますが、日本語だと「光陰矢の如し」かな?

今年はまさにこの言葉をいうに相応しい一年でした。

思い出せば、会社の面接を受けたのがちょうど一年前の今頃でした。

初めて来た時、何故か「ここがこれから私の勤める会社になるのだろうな。」そんな感じがしました。流石人間の「勘」ってすごい!(笑)

今はまるで5年間も働いたかのように安定した毎日を過ごしています。考えて見れば、日本に来てから通算で2年しか経ってないのに。

これは間違いなく周りの皆様のお陰です。

社員旅行で岩手に行ったり、辛い料理を食べに激辛フェスに行ったり、いつもやさしくしてくださる皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、会社にも異国生活にも慣れてきた今、一番入念しているものは毎日のお弁当作りです。結構な偏食である私にとって唯一の悩みは口に合う食べ物が中々見つけられないことです。濃い味付けと辛いものが好きですが、日本では中々そういう食べ物は見つかりません。こうなったら自分で作るしかないと思い、ついに自分で作るようになったのです。


そんなわけで、もし誰かさんが旨辛料理を見つけたらぜひ教えてください!大募集です!


それでは最後に参考として自分の作った料理を幾つか掲載しますので、これぐらい赤い色の料理があったらぜひ教えてくださいね。楽しみに待っております。


e9babbe5a986e8b186e8859011

e9babbe8bea3e9a699e994851

e9878ee88f9ce78292e382811


PS:同じフロアの皆さん、お弁当の中でにおいのキツイものがあるかも知れませんが、どうぞ御理解の程宜しくお願いいたします。

-Lee-

人との繋がり

2016 年 9 月 6 日

この仕事をしていると、自然といろいろな人との繋がりが出てきます。

私は他の施工図会社からの転職なのですが、10年前に一緒に働いていた同期とは今でも付き合いがありますし、5年前に同じ現場で働いていた他社の図面屋さんとも、今でも飲み友達として会っていたりします。

会うタイミングは様々で、「今やってる物件名に君の名字が入っていたので思い出した。最近は元気?」とか、「怪我をして5針縫ったんだけど、その話を聞いてくれ!」とか。

大体 彼・彼女らが私を思い出した頃、私も「○○さんは元気かな~?」と考えてた時なので、不思議です。

お互いが同じタイミングで会おうと思っているなんて。

会った時は、仕事の話は勿論ですが、いろんな人生相談をしたりされたりしています。

先日も ある現場で知り合った方と一緒に食事をしてきました。

彼女とは数年前に知り合ったのですが、それからよく食事をしに行ったり、旅行に行ったりしています。

今回行ったお店がとても美味しかったので紹介させていただきます。

礼華 青鶯居

東京都南青山2-27-18 パサージュ青山1

http://www.rai-ka.com/seirankyo/


e7a4bee593a1e38396e383ade382b0e58699e79c9f1

e7a4bee593a1e38396e383ade382b0e58699e79c9f2

e7a4bee593a1e38396e383ade382b0e58699e79c9f3

この日は、フカヒレが食べられるコースをお願いしていました。

メインのフカヒレは勿論の事、前菜も何もかもが全て美味しかったです。

美味しい中華料理が食べたい人は是非行ってみて下さい。

個室もあるので接待でも使えるのではと思います。                e-koyama


~ 祭り ~

2016 年 7 月 11 日

祭りと言えば、地方固有の独特な形式が多くありますね。

我が地元である浦安にも六月に大きな祭りがありました。


なんとオリンピックと同じ、四年に一度の大祭!担ぎ出される神輿・山車の数、100基以上!浦安に代表される3つの神社、清流神社、豊受神社、稲荷神社の三社合同で行われる3日間限定の三社祭なのです。


なんで四年に一度なのか。それは余りにも費用が莫大過ぎて、毎年開催するのが難しいからだそうです。なんでも今年は地元の建設会社が500万円程寄付したという噂があるとかないとか…


三社祭は別名「喧嘩神輿、暴ばれ神輿」と呼ばれ、催事のその荒々しさ(遠い過去には家屋の損壊や川から人を放り投げる等…)からその様に呼ばれているそうです。今では当時の荒々しさはありませんが、神輿を担ぐ時の力強さや、警察や消防隊員が必ず各神輿を先導しているところからもその名残を感じます。


img_6938

三社祭りでは神輿の担ぎ方や掛け声にも特徴があります。

掛け声は一般的な「わっしょい」や「セイヤ―」ではなく、「まえだー!まえだー!(前だー!)」や「まいだー!まいだー!(舞いだー!)」のいずれかとなります。「前だー!」の語源は諸説ありますが、神輿の担ぎ手が暴れまわってなかなか前に進まないから「前に進めー」という意味だとか。


また通常時の担ぎ方は一般的ですが、途中、祭りの見せ場となる「地すり」と呼ばれる担ぎ方があります。地すりとは①神輿を肩からおろして地面すれすれで回す「擦り」、②腰の高さに持ちあげた神輿を上下に激しく揺らしながら回す「揉み」、③頭上高く持ち上げた神輿を回す「差し」、④頭上高く上がった神輿を静止した状態でヨイヨイヨイの合図と共に三回手で叩きすかさず頭上へ三回放り投げる「放り」の4つで構成され、鳳凰が舞い降り、畑を啄み、再び飛び立つまでを表しています。この①~④の一連の流れを、広い通りや交差点等で繰り返し行い、祭りを一層盛り上げていきます。


f011

f02

f03

※写真はインターネットサイト「浦安サンポ」より引用


100基以上ある神輿の中には、子供だけで担ぐ子供神輿や、女性だけで担ぐ女神輿等がありました。特に女神輿の力強さ、声の張り方は男性陣もその気迫に圧倒されていました。


img_6932

img_6936

男の担ぐ神輿ももちろん負けていません。基本的には周辺市町村に住んでいる方でも、誰でも参加申し込みをすれば担ぐことができます。もちろん他国籍の方も大丈夫です。


img_6949

見ているだけで楽しい祭りのシーズンはこれからピークを迎えますが(暑さも)、皆さんの地元ではどんな祭りが開かれるでしょうか。今年はリオでオリンピックも開催される年。行事が満載なので、ローカルな祭りもさながら、大会開催時期はさらに活気づく事かと思われます。暑い一年になりそうですね。

s.sueyoshi




Page Topへ